家ネコ ギズモの部屋


1994年に、姉が我が家に連れてきました。
生まれてすぐ、郵便ポストの上に捨てられていたのを見かねて連れ帰り、育てていたのですが、引っ越す際にペットを連れ込めないとのことでうちで引き取ることに。
もうすっかりおじいさんで、夜鳴きが激しいのがたまにきずですが、まだまだ元気です。

基本的に家ネコですが、外に出るのは好きなようで、「出して〜」と窓の前でよく鳴きます。
でも、捨て猫だったせいか、他のネコとコミュニケーションが取れないようで、出会った瞬間にものすごい勢いで唸りだし、放って置くと喧嘩を始めてしまいます。
喧嘩をしても弱いので、いつも怪我をして帰ってきます。
そうなると、2〜3日は外に出ないでおとなしくしているんですが、そのうちころっと忘れて再び外へ、そしてまた喧嘩に負け・・・の繰り返しです。

怪我がひどいときは動物病院に連れて行くんですが、逃げないようにネット(今はキャリーです)に入れようとすると、なんとも情けない声で鳴き叫び、車にのせても、病院に着いても鳴きやむことはなく、他のお客さんの顰蹙を買うことに・・・
でも診察台に乗せると不思議と鳴きやむんですよね、やっと覚悟ができたというか。


家ネコのギズモです

この写真は2001年10月に撮ったものです。
今でもあんまり変わっていないと思いますが、ぼちぼち現在の写真もUPしていきたいと思います。


ギズモの日記


だらしない寝姿

布団を噛み噛み

夜鳴き(スピーカーのボリュームにご注意ください)


トップページへ戻る