だいごろの自作PC部屋


1998年ころからでしょうか、メーカー製PCではつまらなくなってしまって(自由度が低い)、自作してみようと考えるようになったのは。

一旦自作を始めると、まず最初に陥るのは、必要もないのにむやみやたらと高性能なパーツを組み込もうとすることです。
用途を考えないんですね、とにかく高機能なPCに仕上げたい、そうやって散財していきます。

次に考えるのが、オーバークロックして使ってみたくなることです。
ネット上には、オーバークロックに関する情報が山ほど溢れていますので、やり方はなんとなくわかります。
しかし、ここでもまだ用途を考えていないんですね、CPUをオーバークロックして、用途はネット閲覧とメール程度とか。
また、購入したCPUやメモリが廻らないと「ハズレ」と思うようになります。
こうやって、「当たり」を引き当てるためにまた情報収集と散財をするわけです。

この辺まで来ると、やっと用途に合ったPCを組もうと考えるようになります。
たとえば、動画エンコには高いCPUパワーを必要とするので、専用機を組もうとするなら、CPUとメモリに一番お金をかけ、グラフィックカードはローエンドにしてみたり、筐体内には熱がこもりにくいようにエアフローに気を使ったり。
ファイルサーバ程度の用途であれば、なるべく消費電力の少ないCPUを選んだり、24時間稼動を考えてHDDは耐久性に優れたものを選択したりと、必要な部分に財布が許す限りの出費をするようになってきます。

ただ、新しいパーツが出ると欲しくなってしまうのはジサカーの性でして、とりあえず何に使うでもないのにパーツを買ってはPCを組み、みるみるうちに部屋がPCで溢れます。
賢い人は、新しいパーツを購入した後、レビューを済ませたらオークションなどでさっさと売り払ってしまうのですが、それができない人もいるんですね。

そんな、部屋がPCで溢れかえってしまっている管理人の自作PCの紹介や、気になるパーツのレビューなどをしたいと思います。
オーバークロックするにしても、空冷常用程度のライトなものですので、液体窒素やガス冷、水冷でがんがん冷やしている方の参考にはまったくなりません。
パーツレビューはまだしも、自作PCの紹介ページは自分への覚書のようなものですので、ふーん、そうなの程度に思っていただければ。

お約束ですが、当コンテンツで紹介しているオーバークロック、改造などは、個人の責任において実施してください。
もしパーツが壊れても管理人は一切責任を負いませんことをご了承ください。


自作PCの紹介


パーツレビュー

inno3D GeForce8600GTS

connect3D Radeon HD2600XT

玄人志向 GeForce8500GT

PV4

玄人志向 X1950XT

玄人志向 GeForce7900GT

玄人志向、GALAXYのGeForce7300GT 性能比較

GIGABYTE GeForce7800GT

inno3D GeForce6800LE


トップページへ戻る