リラックスタイムに使用したいフレグランス


管理人の独断と偏見にて、リラックスタイムに使用したいフレグランスで、現在(2007.12.4時点)入手性に優れているものをいくつかピックアップしてみました。
購入のお役に立てれば幸いです。

評:評価        爽:爽やかさ 甘:甘さ ス:スパイシーさ 持:持続性
(10段階)        (5段階)


エリザベスアーデン グリーンティー
使い方
手首の内側、肘の内側、耳の後ろ等血管の上に1〜2プッシュ使用。
プッシュした下をくぐるのもありです。
香りの系統
8 5 2 1 1
特徴 トップはシトラス、ミントに緑茶の渋みが絡んで非常にさっぱりとした印象。
ミドル以降はフローラル+ウッディが基調となりますが、ウッディは軽く、緑茶の渋みも残るため、しつこさはなく、爽やかな印象は変わらず。
他の緑茶系フレグランスと比べてフローラルがやや強いかなとも思えますが、それほどレディースよりというわけでもなく、ユニセックスで使えると思います。
香り立ちは穏やかで、持続性もかなり悪いですが、カジュアル、フォーマル共に使えるマルチなフレグランスとして活躍の場は多そうです。

パームツリー パシャ
使い方
手首の内側、肘の内側、耳の後ろ等血管の上に1〜2プッシュ使用。
プッシュした下をくぐるのもありです。
香りの系統
8 5 2 1 1
特徴 フレッシュなグレープフルーツそのものですね。
甘さはあまり感じられず、強めの酸味と苦みがより爽やかさを演出します。
しかし持続時間が短すぎますので風呂上りやスポーツの後などにはいいかもしれませんが、普段使いには難しそうです。

エルメス 地中海の庭
使い方
ウエストや、手首の内側、肘の内側、耳の後ろ等血管の上に1〜2プッシュ使用。
プッシュした下をくぐるのもありです。
香りの系統
7 5 1 2 3
特徴 トップは強烈に青臭いです。
が、ミドル以降はグリーン系の落ち着いた香り。
草原で草を踏みながら歩いているようなイメージでしょうか?
悪い意味ではなく、ここまで新鮮な青臭さは今まで出会ったことがありません。
ただ、好みは極端に分かれるでしょうね。
家に居ながら森林浴気分を味わえるかもしれません。

番外編(入手性を考えないでチョイス)

コムデギャルソン コムデギャルソン2メン
使い方
ウエスト、ひざ裏、足首などに1〜2プッシュ使用。
香りの系統
8 2 2 5 4
特徴 トップは鼻を突くようなスパイシーさが際立ちます。
次第にウッディ、レザーにスパイスが混ざり、お香のような香りが顔を出します。
例えるなら、焚き火の跡の炭のような感覚でしょうか。
日本を感じさせる香りですね、お寺でこの香りがしても全く違和感はないと思います。
こういった系統の香りにしては拡散性はあまりありませんが、持続性は高いのでお香を焚くような感覚で自分をリラックスさせるために使うのもありではないでしょうか。

トップページへ戻る