フレグランスの用語解説


当サイトにおけるフレグランスのレビュー等で頻繁に使われるもの、また、知っておくと役に立ちそうなまめ知識を自分なりに解説してみました。
間違っている部分などあればご指摘ください。


・香りの変化

各フレグランスの香りは単一ではなく、時間とともに変化します。
その香りの変化は主にトップノート、ミドルノート、ラストノートに分類され、それぞれの代表的な成分、傾向などに特徴があります。

 トップノート

  つけてから最初の5〜10分くらいの香り。
  一般的に、シトラス等の清々しく揮発性の高い成分が中心となります。

 ミドルノート

  つけてから30分〜2時間くらいの香り。
  そのフレグランスのテーマともいえる部分で、主にフローラルが使われます。

 ラストノート

  つけてから3時間くらいたってからの香り。
  アンバーやムスクなどの動物性香料や、サンダルウッド、バニラ、樹脂など香り持ちのよい成分が中心となります。

フレグランスと一言で言っても、軽いものから濃厚なものまでさまざまです。
しかし、どのフレグランスにもトップ、ミドル、ラストの基本構成があり、濃厚なものでも清々しいトップノートはありますし、軽いものでもラストノートにムスク等の動物性香料が使われていたりします。
例外的に、ワンノートと呼ばれる、トップからラストまで香りの変化が見られないものもあります。


・賦香率について

フレグランスは、賦香率の違いでパルファン、オーデパルファン、オーデトワレ、オーデコロンに分けられます。

※一般的に、香水と呼ばれるものはパルファンのみですが、便宜上、当サイトではフレグランス=香水として扱う場合があります。

賦香率とは、アルコールに溶かした香料の割合ですが、一般的にこれが高いほど持続性、拡散性が高いといわれています。
しかし、実際には賦香率にかかわらず、フレグランスによってまちまちです。
また、ノンアルコールのベビーフレグランスなどはこの分類には入らず、オーデサントゥールと呼ばれます。

 パルファン

  賦香率:15〜20%
  持続時間:5〜7時間程度

 オーデパルファン

  賦香率:10〜15%
  持続時間:5時間程度

 オーデトワレ

  賦香率:5〜10%
  持続時間:3〜4時間程度

 オーデコロン

  賦香率:3〜5%
  持続時間:1〜2時間程度


・フレグランスの選び方

「香りの変化」で記述しましたが、香りは時間によって変化します。
そのため、ショップで試香する際にはつけてすぐの香りで決めるのではなく、数時間後まで確認して決めたほうがよいでしょう。
トップが好みの香りであっても、ベースとなるミドルやラストが苦手に思う場合もあるからです。
時間がない場合はコットンなどにプッシュして持ち帰るのもよいですが、実際に肌に乗せてみると印象がガラッと変わることがありますので注意が必要です。

また、湿度により人の香りの感じ方は変わります。
できれば、晴れの日と雨の日両方で確認したほうが無難ですが、手間がかかりますので、晴れの日用、雨の日用のフレグランスを使い分けるのも手かもしれません。
つける量を変えるだけでどちらにも対応できる場合もありますので、いろいろ試行錯誤してみてください。

何を選んでいいかわからない場合は、素直に店員さんに聞いてみましょう。
どんな場所で、どんな用途で使うのか、欲しい香りのイメージを伝えれば、何本かに絞れるはずです。
後は気に入った香りを選べばよいでしょう。


・フレグランスのつけ方

まず、肌を清潔な状態にしてフレグランスをつけるようにしましょう。
汗や皮脂の分泌により香りが変質してしまうためです。
実はこれが、同じフレグランスを使用しても他人と香りが異なるという個人差を引き起こしているわけですが、いろいろなものを試していくうちに面白くなっていくと思います。
香りが混ざらないように、化粧品や整髪料は無香料のものにしたほうが無難です。
シャンプーやボディソープなどは、さすがに無香料とはいかないと思いますので、なるべく似た系統の香りを選ぶか、バスラインも同じものに統一してしまうという手もあります。

体温が高いと香り立ちも高くなりますので、基本的に血管の上(手首、耳の後ろ、腰、足首などが一般的です)につけるようにしましょう。
ただ、すべてのフレグランスにおいて同じ位置につけるということではなく、フレグランスによって、また、湿度やTPOによってつける位置や量を変えることができれば理想的です。
汗をかきやすい部分(わきの下や足の裏、首など)にはつけないことが無難です。
汗によって香りが変質したり、首ですと、鼻に近すぎるため、自分が香りに酔ってしまう場合もあります。

香りは下から上へ上ります。
このため、濃厚な香りをまとう場合、なるべく下半身につけるようにすると上手にふわっと香ります。
軽い香りの場合は、手首や耳の裏など上半身でもよいでしょう。

同じフレグランスを使っていても、日々の体調の変化、気候、湿度などによって香り方がだいぶ違います。
その日にあったつけ方ができるようにいろいろ試行錯誤してみてください。
フレグランスのつけ方に、万人に通じるものはありませんので、まずは試してみましょう。


トップページへ戻る