ロマーニ


評:評価        爽:爽やかさ 甘:甘さ ス:スパイシーさ 持:持続性
(10段階)        (5段階)


ロマーニメン
(2002年発表)

ロマーニメン

香りの成分
8.5 4 2 3 2 トップ:ベルガモット、レモン、アスピック、タイム
ミドル:アニス、ゼラニウム、アイヴィー、ジャスミン、ペッパー
ラスト:アンバー、セージ、バニラ、サンダルウッド、パチョリ、ファー・ニードル、タバコ

レビュー
トップはシトラスで爽やか。
ミドル以降は、程よい甘さにスパイス、ウッディが絡んで、印象はブルガリのブループールオムに良く似ています。
ブループールオムより更に軽く、ほんのりバニラが香るのが相違点でしょうか。
ラストにかけては、バニラを感じる香りとしては珍しく、透明感がありながら、ふわっとやさしいイメージです。
この辺はショーメオムを彷彿とさせますね。
拡散性は普通、持続性はやや低いでしょうか。
カジュアル、フォーマル問わず、季節もオールシーズン纏えるフレグランスとして重宝しそうです。
今までなんでこんなに評価が低かったのか、自分でも不思議な1本ですね。

2007.12.27
評6>8.5、ス1>3へ変更


トップページへ戻る