ロイヤルコペンハーゲン


評:評価        爽:爽やかさ 甘:甘さ ス:スパイシーさ 持:持続性
(10段階)        (5段階)


バイキング
(1999年発表)

バイキング

香りの成分
5.5 4 3 2 2 トップ:マンダリン、ブラックペッパー、カルダモン、ナツメグ
ミドル:パイナップル、オゾンノート、ジュニパーベリー、アニス、ラベンダー、ファーバルサム
ラスト:ジャスミン、ゼラニウム、パチョリ、サンダルウッド、シダー、オークモス、アンバー、ムスク

レビュー
・トップはシトラスにスパイスできりっとした印象。
ミドルになると、パイナップルにオゾン系独特の瓜っぽさが顔を出し、好き嫌いが分かれそうな雰囲気です。
甘さはそれなりにありますし、多少べたつき感がありますので、しつこく感じられるかもしれません。
拡散性は普通、持続性はやや低めでどちらかといえば夏向きの香りですが、通年使用も可能でしょう。

2008.1.2
爽5>4、甘2>3へ変更しました。


トップページへ戻る