レブロン


評:評価        爽:爽やかさ 甘:甘さ ス:スパイシーさ 持:持続性
(10段階)        (5段階)


チャーリーレッド
(1993年発表)

チャーリーレッド

香りの成分
1 1 4 3 5 バイオレット、ローズ、アプリコット、リリーオブザバレー、シトラス、プラム

レビュー
・トップからラストまで、私の嗅覚では変化を感じることができませんでした。
フローラルにアプリコット、プラムのジューシーな甘さが加わり、非常に濃厚な香りになっています。
どこか油性インクのような印象もあり、個人的には全く受け付けません。
オーデトワレですが、拡散性はやや高く、持続性はかなりありますので、つけすぎ厳禁、つける場所も考えなくてはならないでしょう。


トップページへ戻る