レオナール


評:評価        爽:爽やかさ 甘:甘さ ス:スパイシーさ 持:持続性
(10段階)        (5段階)


ファビルーズドレオナール
(1998年発表)

ファビルーズドレオナール

香りの成分
1.5 3 3 2 5 トップ:ベルガモット、グリーンノート
ミドル:ナスタチウム、アンジェリカ・ルート、イリス、ワイルド・オーキッド
ラスト:バニラ、サンダルウッド

レビュー
・古典的なレディースフレグランスといった感じで、トップに一瞬シトラスを感じることはできますが、ベースのフローラルが強すぎてすぐにわからなくなります。
ミドル以降は延々とフローラル+ムスク一辺倒で、香りの変化はほとんど楽しむことはできません。
個人的に、この強いフローラル+ムスクの甘さが苦手で、香りに酔ってしまいます。
拡散性は高め、持続性もかなりあるので、つける量、場所などは注意したほうがいいでしょう。

2008.1.13
持4>5へ変更しました。


トップページへ戻る