ダンヒル


評:評価        爽:爽やかさ 甘:甘さ ス:スパイシーさ 持:持続性
(10段階)        (5段階)


エキセントリックアフターシェーブ
(2001年発表)

香りの成分
7 3 2 3 1 トップ:グレープフルーツ、セージ、イトスギ、シナモン
ミドル:フリージア、ローズ、ロータス
ラスト:サンダルウッド、シダーウッド、パチョリ、ムスク、アンバー

レビュー
・トップはシトラスにスパイスで男性的できりっとした印象。
ミドル以降、軽めのフローラルにウッディで、渋めの香りに。
アフターシェーブローションなので、全体的に香りは薄めで、さっぱりと感じます。
オリジナルのトワレが強めの香りなので、もう少し穏やかに香らせたい場合はこちらを使うのもいいかもしれません。
ただ、持続性はかなり低いので注意が必要でしょう。


ダンヒル
(2003年発表)

香りの成分
6 2 3 2 3 トップ:レモン
ミドル:ゼラニウム、オリス
ラスト:セダーウッド、サンダルウッド、トンカビーン、ムスク、オークモス

レビュー
・トップはレモンにゼラニウムで少し甘く、でもさっぱりしています。
ミドル以降、ウッディに若干の酸味が効いていて、ややパウダリーなトンカビーンの甘さと相まって、重厚ながら、しかし重すぎません。
どこかクラシカルな部分も感じられ、いかにもダンヒルらしいメンズライクな香りです。
拡散性は高めですが持続性は意外と低く(とはいえ普通・・・くらいでしょうか?)、あまり構えずに使えそうです。
カジュアルには向かない香りだと思いますので、注意が必要ですね。


デザイア
(2000年発表)

香りの成分
          トップ:ベルガモット、オレンジ、レモン、ペッパー、ラベンダー
ミドル:ローズ、ジャスミン、ローズ、ウッド、ミュゲ
ラスト:シダー、パチュリ、バニラ、アンバー、ムスク

レビュー


トップページへ戻る