セルジュルタンス


評:評価        爽:爽やかさ 甘:甘さ ス:スパイシーさ 持:持続性
(10段階)        (5段階)


アンサンエラバンド
(2003年発表)

※量り売り購入のため写真なし

香りの成分
7 3 3 3 4 御香、ラベンダー

レビュー
・トップはラベンダーがけっこう強烈に香ります。
このラベンダーは徐々に引いていきますが、代わりにベースノートのウッディやお香が顔を出し始め、スパイシーなミドルへ。
終始甘さは感じられず、ラベンダーとウッディの組み合わせがやもするとトニック臭のように感じられてしまうかもしれません。
ラストはスパイシーさが抜けてきてやさしい印象に。
ユニセックスですが、トップからラストまで一貫してメンズのイメージですね。
個人的には、もう少しお香が主張したほうが特徴のある香りになっていいかなと思いますが・・・


ダンブロン
(2004年発表)

※量り売り購入のため写真なし

香りの成分
8 3 3 3 4 レザー、アイリス、アプリコット、フレッシュムスク

レビュー
・トップはジューシーなフルーツ(アプリコットですかね?)のようで、かなり熟れた、やや濃厚な印象です。
トップが抜けるとアイリスの優しい香りにムスク、レザーが絡んで、ややパウダリーながらくどくない甘さが顔を出します。
このレザーがメンズにありがちな、やもするとゴムのように感じてしまう香りとは一線を画しており、何とも繊細でフレッシュ。
スモーキーなのに優しいという非常に珍しい香りですが、どこかクラシカルな部分も持ちあわせています。
香り立ちは強く、持続性も高めで、秋冬に使いたいですね。
ボトル買いするかも・・・でも12000円かぁ。うーん(汗


トップページへ戻る