ジョーバン


評:評価        爽:爽やかさ 甘:甘さ ス:スパイシーさ 持:持続性
(10段階)        (5段階)


セックスアピールフォーメン
(1975年発表)

香りの成分
          トップ:パープルセージ
ミドル:カルダモン、フレッシュモス
ラスト:シダーウッド、パチョリ、サンダルウッド、ムスク

レビュー


ホワイトムスクフォーウーメン
(1990年発表)

ホワイトムスクフォーウーメン

香りの成分
6 4 2 1 3 トップ:シトラス
ミドル:ミント、ホワイトフローラル
ラスト:ホワイトムスク

レビュー
・なんだか懐かしい気持ちになります。
子供の頃こんな香りの石鹸を使ったことがあるような・・・
スーパーで売っているようなものではなくて、お歳暮でもらった外国製の高級石鹸のような印象です。
ただ、トップからミドルにかけてフローラルがかなり主張しますので、純粋にムスクを求める方にはあまりおすすめできません。
ラストはベビーパウダーのように優しく香ります。
コロンですが、拡散性、持続力はかなりのもので、つけすぎは厳禁です。


ホワイトムスクフォーメン
(1992年発表)

ホワイトムスクフォーメン

香りの成分
8 4 3 2 3 トップ:ベルガモット、アップル、メロン、マンダリン
ミドル:ペパーミント、タイム
ラスト:ホワイトムスク

レビュー
・ミントでしょうか?トップは鼻にツーンと抜ける爽快感があります。
ミドル以降は延々とフローラルムスキーで、ムスクフォーメン同様香りの変化はあまり感じられません。
やはりどこかホワイトムスクフォーウーメンに通ずるものがあり、外国製の石鹸とか、柔軟材とか、そんな印象です。
フォーウーメンよりフローラルが主張していないせいか、純粋にムスクを楽しむのならこちらのほうがよいかもしれません。
シリーズ通して持続性、拡散性は高く、少量で十分香ります。

追記
・ラストにかけてフローラルが抜けてくると柔らかくムスクが香ります。
個人的にこのムスクはかなりツボにはまります。
(評価を7→8に変更)


ムスクフォーメン
(1993年発表)

ムスクフォーメン

香りの成分
5.5 2 4 3 5 トップ:シトラス、ペッパー、カーネーション
ミドル:ラベンダー、スパイス、スペアミント
ラスト:アンバー、サンダルウッド、ジャクダンムスク

レビュー
・トップからラベンダーがかなり強く香ります。
その奥にスパイス、ムスク、若干サンダルウッドも感じることができますが、メインになっているのはやはりラベンダーで、これがかなりセクシーに感じます。
また、コロンとは思えないほど持続性、拡散性は高く、上半身につけるのは避けたほうがよいかもしれません。
時間の経過による香りの変化はほとんど感じられず、ラベンダー一色のやや単調な印象。
好き嫌いは極端に分かれそうですね。


トップページへ戻る