シャネル


評:評価        爽:爽やかさ 甘:甘さ ス:スパイシーさ 持:持続性
(10段階)        (5段階)


アリュールオム
(1998年発表)

アリュールオム

香りの成分
7 3 4 3 4 マンダリン、ベルガモット、コリアンダー、トンカビーン、ラブダナム、アトラス山脈産シダー、ベチバー、マダガスカル産ピンクペッパー

レビュー
・これ、昔勤めていた会社の先輩が毎日浴びるほどつけてまして、匂いをたどればその人にたどり着くほどでした。
すごく甘い印象があったのですが、私がつけるとあまり甘さは出ないようです。
しかし、やはりスポーツに比べてスパイスやウッディは強く残ります。
さすがに持ちはいいですね。


アリュールオムスポーツ
(2004年発表)

アリュールオムスポーツ

香りの成分
7.5 4 3 3 3 マンダリン、オレンジ、ネロリ、アルデハイド、トンカビーンズ、シダー、ベチバー、ペッパー

レビュー
・シャネルにしては珍しくカジュアルでもいけそうなフレグランスですね。
トップはややキツめのシトラス、それが抜けると本家アリュールの甘さが顔を出します。
ですが、スポーツというだけあって軽いです。
スパイシーさもラストのウッディもしつこくなく、でもセクシーさは残しており、絶妙なバランスだと思います。


アリュールオムスポーツコローニュ
(2007年発表)

香りの成分
          トップ:グレープフルーツ、マンダリン、ベルガモット
ミドル:アルデヒド、ネロリ、エレミ
ラスト:ホワイトムスク、アンバー、トンカビーン、ブラックペッパー、アトラスシダー、ベチバー

レビュー


アンティウス
(1981年発表)

香りの成分
          シトラス、ラベンダー、ミル、パチュリ、クラリセージ

レビュー


エゴイストプールオム
(1990年発表)

香りの成分
          トップ:マンダリン、コリアンダー
ミドル:オリエンタルローズ
ラスト:サンダルウッド、バニラ、アンブレットシード

レビュー


エゴイストプラチナム
(1990年発表)

エゴイストプラチナム

香りの成分
6.5 3 3 3 4 トップ:プラム、レモン、コリアンダー
ミドル:タラゴン、カーネーション、シナモン
ラスト:パチュリ、サンダルウッド、ムスク

レビュー
・こちらも今さらレビューする必要もないくらいメジャーな一品ですね。
トップはレモンにスパイスが効いて鼻にツーンと抜けます。
ミドル以降もスパイシーさは残しつつ、やや重めのウッディ、ムスクで、重厚で硬質なイメージ。
ラストは甘めのウッディがほんのりと残り、柔らかい印象に変化します。
個人的には、この甘さが若干べたついて感じられるので、評価は低めです。
拡散性、持続性共に高く、つける場所、量に気をつけなければならないのはもちろん、華やかな香り立ちゆえ、人も選ぶ香りだと思います。


トップページへ戻る