サルヴァトーレフェラガモ


評:評価        爽:爽やかさ 甘:甘さ ス:スパイシーさ 持:持続性
(10段階)        (5段階)


インカントプールオム
(2004年発表)

インカントプールオム

香りの成分
6 4 2 3 3 トップ:シシリアンビガラート、アルテミシア、バンブーリーフ
ミドル:トスカーナ・サイプレス、バーボン・ゼラニウム、アトラス・シダー
ラスト:インディアン・ベチバー、インドネシアン・サンダルウッド、ホワイトムスク

レビュー
・爽やかなグリーン系のトップから、スパイシーなミドルへ。
ラストにかけては軽めのウッディ、ベチバー、ムスクの甘さで、ベーシックなメンズフレグランスといった印象。
特に強く感じるのはベチバーですね、甘さは若干べたつき気味でしょうか。
拡散性、持続性共に普通で、どちらかというとフォーマルよりな香りですね。


インカントプールオムエッセンシャル
(2006年発表)

インカントプールオムエッセンシャル

香りの成分
7.5 5 2 2 2 トップ:ユズ、ローズマリー、クリスピーサップ
ミドル:バイオレットリーフ、コリアンダーシード
ラスト:シダーウッド、サンダルウッド、ムスク

レビュー
・ユズの酸味と、ローズマリーでしょうか?ハーバルなグリーンが特徴的なトップから、ウッディ、ムスクへ。
甘さ控えめで爽やかでありながら、軽すぎないところがいいですね。
ハーバルな印象がラストまで持続しますので、単にウッディ・ムスキーではない香りです。


サブティールプールオム
(2003年発表)

サブティールプールオム

香りの成分
7.5 2 3 4 4 トップ:マンダリン、ロータスリーフ、カルダモン、ジンジャー
ミドル:コリアンダー、ピンクペッパー、メース、ダバナ、バイオレット
ラスト:パチョリ、ドライアンバー、ムスク

レビュー
・スパイシーなトップから濃厚で落ち着いたウッディへ。
ウッディが強く残る香りって苦手なんですが、これはなぜか大丈夫です。
スーツによく似合いそう。


フェラガモプールオム
(1999年発表)

フェラガモプールオム

香りの成分
9 4 3 3 3 トップ:シナモン、シクラメン、ピンクグレープフルーツ
ミドル:カルダモン
ラスト:バラ、サンダルウッド

レビュー
・トップはグレープフルーツにシナモンでかなりスパイシーな印象。
ミドルでは、イチジクでしょうか?ちょっと他では嗅いだことのないような独特な苦味に、ややパウダリーなココナッツのような甘さが加わり、どこか南国を思わせます。
ラストにかけて、ベチバーの透明感と共に、角が取れて丸くなっていくような、まろやかな甘さが残ります。
トップからラストまで見事に香りの変化が楽しめる絶品ですね、類似するフレグランスが見つからないほど個性的でありながら、香りのバランス、完成度は非常に高いと思います。
が、おそらくは個性的であるがゆえに、好き嫌いははっきりと分かれるでしょうし、人も選ぶでしょうね。


フェラガモプールファム
(1998年発表)

フェラガモプールファム

香りの成分
7 4 2 2 3 トップ:あやめ、ジャスミン、ベルガモット
ミドル:アンバー、オーリス、イランイラン
ラスト:サンダルウッド、シダー、オークモス

レビュー
・トップからジャスミンがかなり強めに香ります。
ミドル以降もジャスミンをメインとしたフローラル+軽めのウッディですが、その奥にスパイスの存在を感じることができます。
フローラル系のレディースフレグランスのお手本のような1本ですね。
上品で清楚なイメージで、あまり主張しませんが、万人受けする香りだと思います。
香り立ちは穏やかですが持続性は高め、拡散性もやや高めですので、つける量や場所には注意したほうがよさそうです。
男性はつけないほうが無難でしょう。


トップページへ戻る