ケンゾー


評:評価        爽:爽やかさ 甘:甘さ ス:スパイシーさ 持:持続性
(10段階)        (5段階)


エアインテンス
(2006年発表)

エアインテンス

香りの成分
8.5 5 2 1 2 トップ:ベルガモット、アニス
ミドル:アンジェリカ、クミン
ラスト:ベチバー、ライトウッド、アンバー

レビュー
・う〜ん???いい香りなんですけど、ケンゾーエアフレーシュとどこが違うんだろう?
グリーンと、土っぽいベチバーが爽やかさを出しています。
でも、エアフレーシュを持ってる方には必要ないかな。


エアフレーシュ
(2005年発表)

エアフレーシュ

香りの成分
8.5 5 2 1 2 トップ:スターアニス
ミドル:ベルガモット
ラスト:べチバー、クリアムスク

レビュー
・トップはスターアニスなんでしょうか?さわやかな草のような香りが広がります。
ミドル以降は一貫して土っぽいベチバーに若干ムスクといった感じ。
甘さはほとんど感じられず、ブルガリプールオムのラストから甘さを取り除いたような印象です。
ボトルが非常に凝っていて、手作りのようないびつな形をしており、さわやかな香りとイメージがぴったりだと思います。
ベチバーがこれほど主張しているフレグランスも珍しいので、好みはわかれそうです。


トーキョーバイケンゾー
(2007年発表)

トーキョーバイケンゾー

香りの成分
9 3 2 4 3 トップ:ジンジャー、グレープフルーツ、レモン
ミドル:マテ、グリーンティ、ピンクペッパー、オレンジ
ラスト:シダー、ナツメグ、クローブ、ガイアックウッド

レビュー
・トップはシトラスにジンジャーでツーンと来るほどにスパイシー。
ミドル以降もスパイシーな印象は変わりませんが、ジンジャーとはガラリと質の違うドライなスパイシーさで、ベースとなっているお茶系の渋みにウッディと相まって、どこか温かみのある仕上がりになっています。
スパイシーウッディ基調の香りにしては、香りの拡散性、持続性共にさほど高くなく、スパイシーでありながら穏やかに香ります。
マテ茶、緑茶のおかげか透明感もあり、重さ、くどさを感じません。
冬よりの香りだとは思いますが、おそらくオールシーズン使え、カジュアル、フォーマル問わずいけるでしょう。


ローパーケンゾープールオム
(1999年発表)

ローパーケンゾープールオム

香りの成分
7 5 2 2 2 トップ:ユズ、ホオノキの葉
ミドル:ロータスリーフ、アクアミント
ラスト:グリーンペッパー、ホワイトムスク

レビュー
・トップはユズの香りでかなりさわやかです。
ミドル以降はグリーン系ですが、ちょっと癖があるので好き嫌いが分かれそうです。


トップページへ戻る