アクオリナ


評:評価        爽:爽やかさ 甘:甘さ ス:スパイシーさ 持:持続性
(10段階)        (5段階)


ピンクシュガー(ミニテスター)
(2004年発表)

ピンクシュガー

香りの成分
6 2 5 1 4 トップ:ベルガモット、オレンジ、ラズベリー、フィグリーフ
ミドル:リコリスブロッソム、リリー、レッドフルーツ、ストロベリー
ラスト:バニラ、キャンディー、ムスク、トンカ、サンダルウッド

レビュー
・お菓子のような甘さです。
イチゴの飴(日本のものでなくて、外国の合成着色料、甘味料、香料たくさん使ってますという感じのもの)にバニラを加えたような印象でしょうか。
若干カラメルのようなニュアンスも感じられますが・・・
トップもミドルもあったものではなく、とにかく延々と甘いです。
拡散性、持続性もかなり高く、独特のグルマン系の甘さのおかげで好き嫌いははっきり分かれると思います。
個人的には、やや苦手な甘さかと思いきや、意外と癖になりそうな感じでもあり、なかなか評価の難しいフレグランスです。


トップページへ戻る